Loading...

2009/07/03

第168回レイティングトーナメント シャンチー(中国象棋)棋譜

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
 6/28に東京・中野区にて行われた日本シャンチー協会主催の第168回レイティングトーナメントに参加しました。今回ご紹介する棋譜は序盤で車と炮馬の2枚交換と華々しい戦いとなった棋譜です。感想戦でも諸先輩の方々を巻き込んだ議論になりました。


棋譜再生:

もし棋譜再生(動く盤面の再現)されない場合には以下の記事を参照ください。
シャンチー(中国象棋)の『棋譜再生(再現)』を表示するには

自選評注:
 自分の対戦棋譜を紹介します。紅方:mayiz(紅先勝)です。
1. 砲二平五 馬8進7
2. 馬二進三 馬2進3
3. 車一平二 車9平8
4. 兵七進一 卒7進1
5. 車二進六 砲8平9
6. 車二平三 砲9退1
7. 馬八進七 車1進1

 戦形は『中砲過河車互進七兵対屏風馬平砲兌車』から、黒方は横車にしてきました。左馬を6路に進めるのは控え、辺炮として左車を先手で直車にすることを狙いました。
8. 砲八平九 車1平6
9. 車九平八 砲9平7

 第8回合の車1平6を待って、紅方には馬七進六や車三退一もあると思います。実戦では、すぐに砲9平7とされて右車が詰む手順が見えていましたが、車九平八と左車の活用を目指す手を選択しました。
10. 車八進七 砲7進2
11. 車八平七 砲7進3

 詰んでしまった右車と2枚換えで左車が敵陣へ進攻します。黒方の砲7進3は、先に車8進8とした方が厳しいと思いました。
12. 相三進一 車8進8
13. 砲九進四

 今回は紅方の攻めが間に合いましたが・・・。研究の余地がありそうです。

ひとりごと:
・棋譜を最後まで覚えていません。
・この棋譜はお互いに攻め合うシャンチーらしい華々しい変化となりました。紅方は避けるべきなのかな。
・今日は外務省に行ってきました。

0 件のコメント: