Loading...

2009/09/11

将棋検定に挑戦しました。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
 8月の囲碁将棋部の例会で級位クラスの方を相手に約20年ぶりに日本将棋を指しました(シャンチー専門なので)。そして、先日たまたまyahoo検定というのを見つけ、日本将棋連盟公認の将棋段級位認定 級位認定試験(http://cert.yahoo.co.jp/b/guide?c=1082)が無料でしたので気軽に挑戦してみたところ、皆様と比べたらちょっと恥ずかしいレベルですが、1級の認定を頂くことが出来ました。先ほど認定状も届きました(こちらは有料になります)。

 同HPによれば、1級のレベルは『将棋のセオリーを理解』した程度とのこと。ひとつ上の初段はアマチュアの大きな目標点らしいです。まぁ、何はともかくスタートラインには立てたのかも。

 段位の認定試験もあります。お試しあれ!

4 件のコメント:

JIRO さんのコメント...

認定上、はじめてみましたが、結構いいですね。有段者になっても段級のところが変わるだけなのかな。

mayiz さんのコメント...

JIROさん、コメントありがとうございます!

はい、結構いいです!段位になると、級位と違って賞状形式でなく、もう少し良さそうですよ。JIROの実力は段位ですね!

http://cert.yahoo.co.jp/category1/merit/1081.html

せきまちっこ さんのコメント...

 段位免状は実物を見たことはありませんが、「貴殿、将棋に精励され、棋力増進し・・・・」とかなんとか格調高い文章が付いていたと記憶しています。囲碁だと、大高檀紙という無茶苦茶高級な紙になって、しかも文章が段が上がるごとに高級になっていくそうです。初段だと「つとに精進し・・」だったのが九段になると「技量神域に達し」とかなったりとか・・・。(アマは七段までですが・・・)

mayiz さんのコメント...

JIROさん:
> JIROの実力は段位ですね!
すみません、"さん"が抜けてしまいました。

せきまちっこさん:
 お詳しいですね!囲碁も打たれるのでしょうか。私は時々同好会で6路盤を教えて頂いています。